ハローワークへ行ってきた - アフィリエイトで稼ぐヒント集 由遊ブログ 

アフィリエイトで稼ぐヒント集 由遊ブログ  ホーム » スポンサー広告 » 保険・年金・税金など » ハローワークへ行ってきた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローワークへ行ってきた

今無職となった身。
天気も良いし、ハローワークへ行っておこうと思い、今日行ってきた。証明写真が2枚必要なので、朝一に近所の証明写真ボックスに行く。700円だった。

ハローワークで必要なものは下記。
①雇用保険被保険者離職票
②雇用保険被保険者証
③印鑑(シャチハタ不可)
④現在の住所が証明できるもの
⑤証明写真 2枚 3cm×2.5cm程度
⑥本人名義の普通預金通帳

印鑑は結局使わなかった。④は運転免許があるのでそれを使用。

朝のんびりして写真を撮ってから行ったので、ハローワークに着いたのは9時半。噂には聞いてたけどすごい人・・・

だけど、初めての人の受付はすいていて、すぐに対応してもらう。
ここで書類を2枚渡されて後ろの台で記入する。
1枚は求職申込書で、これは鉛筆で記入しろと言われた。生年月日や最寄り駅、希望の職種や持っている資格、最終学歴なんかを記入する。
もう1枚は黄色い紙で、職があれば就職する気があるか?とかの質問が10個くらいあった。これはボールペンで記入。そしてその2枚を最初の受付へ提出。

デカイ番号札を渡され、少し待って下さい、と言われたが、5分もしないうちに呼ばれる。奥にいた男性職員が書類に書き込んだ項目1つ1つに目を通していく。ここで振込み用の銀行口座を書かされる。
15分くらいで終わり、次に雇用保険の受給資格を得るための手続きで2Fへ上がる。渡されたファイルを箱に入れ待つ。ひたすら待つ。そして待つ・・・

1時間くらい待たされたよ。ハローワークの職員は4人で対応してるんだけど、1人に15分~20分かかっている。待っている間もぽつりぽつりと人が増えていく。

そしてオレの番号が呼ばれる。ひととおりの説明を受け、質疑応答。いろいろ聞いたけど、わかったようなわからないような・・・ アルバイトはやってもいいんだな。週で20時間以内だったかな。ちゃんと申請すればOKらしい。それ以上やってしまうと、たとえアルバイトでも就職とみなされる。でも、アルバイト終了の時に、ちゃんと退職の書類を会社が作ってくれれば、雇用保険の手続きはできるそうだ。

はじめの待機期間の7日の間にやってしまうと待機期間がその分後ろへずれる。つまり長くなるってことになるそうだ。よく内容がわからなかったけど、とにかくはじめの7日間がは何もしないほうがこじれなくていいと思った。結局よく理解できてないようだ。

その後の受給が始まるまでの3ヶ月間は、バイトした日をちゃんと提出すれば問題無し。週に20時間の制限はあるけどな。20時間を越えてもかまわないのだが、一旦就職扱いとなるので、これがまた面倒だ。この辺の仕組みに詳しく無い人は、やっぱり自制したほうが良さそうだな。

そして説明会の日付と1回目の認定日を書いた冊子をもらい、これで全て終了。説明会は18日後。そして第1回目の認定日は4週間後だ。

そして時間はお昼。コンビニで食料を仕込んで家で食べた。

オレの場合は4ヶ月間(120日)の失業保険がもらえるそうだ。その前に待機期間が3ヶ月ある。バイトも制限されるわけだしさ、失業保険もらうためには貯金が無いとダメだな。待機期間の3ヶ月で干上がっちまうな。
それにしても、たいして広くないハローワークの中に何人いたんだ? 景気が冷え込んでる厳しい現状を実感したよ。
お前ら働けよ!って言いたくても働く場の無い人がこんなにいるとは・・・
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://uu2010.blog97.fc2.com/tb.php/127-191d420d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。