今後の国内製造業の発展とアフィリエイト展望 - アフィリエイトで稼ぐヒント集 由遊ブログ 

アフィリエイトで稼ぐヒント集 由遊ブログ  ホーム » スポンサー広告 » 会社をヤメる日 » 今後の国内製造業の発展とアフィリエイト展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の国内製造業の発展とアフィリエイト展望

ついに会社をヤメる日まで1週間となった。勤めていた会社は中規模の製造工場だ。不況と言われる中でもかなりの受注をかかえ忙しく稼動している。しかし中身はというと、やはり中国価格に対抗するために製造コストを下げる企業が多く、そのあおりでコストダウン要求をされ、利益を出せない状態にある。機械をいくら稼動させても微々たる利益しか得られないのである。それでも止まってしまえば赤字となるので、とんとんでも注文を受けるしかない状態だ。ひじょうにきびしい台所事情なのだ。

今後はどうなるのか? 国内の製造業が中国や東南アジアの安い賃金に対抗できるのは、品質が安定しているからだ。やはり現状では品質レベルの差はあると言えるだろう。だが、あと3年、いや5年したらそれだってわからない。今の中国価格のままで日本と同等の品質レベルの製品を作るようになるかもしれない。そうなったらよっぽど特殊な製品以外は全て海外に製造拠点を置くようになるだろう。中小企業の生き残る道は無い。

オレは経済学者じゃないから実際のところはわからないが、少なからず当たっていると思う。今オレは管理職という立場だが、近い将来に希望は無い。だから退社を決めた。すでに何年も給料は上がらず、逆に給料カットやボーナスカットされている状態だ。人員整理を行ったので工場人員が足りず、残業の付かない管理職がそれを補うような体勢で受注に対応している。さすがにきびしい。

アフィリエイトの将来はどうかと言えば、製造業に比べれば明るいだろう。ネット普及はさらに加速するはずだし、なによりほとんど元手ナシでアフィリエイトを始めることができる。しかし勝ち残るにはスキルが必要だ。誰だって同じ事を考えている。他のライバルより一歩先を行かなければならない。

もしオレに子供がいたら退職しなかったかもしれない。会社に勤めながら空いた時間でアフィリエイトサイトを運営していただろう。だがオレはアフィリエイトにかけてみた。なんの保障も無いことはわかっている。オレのようにスキルの無い人間は、WEBサイトを量産することしか勝ち残る手段は無いだろう。

とにかくもう第一歩は踏み出してしまっている。いまさら後ろを振り返ってもどうしようもない。捨ててしまった地位はもう戻らない。前へ進むしかないのである。
この無職ブログと共にどこまで続けられるか、いやいや一生続けなければ会社を退職した意味がないのである。
いつかこの決断は良かったと思える日がくることを祈っている。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://uu2010.blog97.fc2.com/tb.php/100-2dce7ffc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。